ABCクッキンググループの女性専用フィットネススタジオ「Bodies」のオンラインショップ

大豆フェア開催中!
大豆加工品は冬が旬!

国産大豆の旬は秋から冬と言われています。収穫後は貯蔵されて、余分な水分を飛ばすことで大豆が引きしまるそうです。"新物"で作られた豆腐や豆乳は、栄養価が豊富で風味も◎

 
冬に大豆加工品が旬な理由
 

いまでは手軽に手に入る豆腐や納豆ですが、製造・運搬などの技術が発達する以前は、一年をとおして食べられるものではありませんでした。たとえば、室町時代に庶民の味になった「豆腐」。秋に収穫した新鮮な「新豆」を乾燥してつくられ、年末から年明けに出回ったことから、冬が旬と言われたそうです。

 
女性にとって大豆はオススメ!

大豆には、カラダづくりに必要な「たんぱく質」が豊富に含まれています。たんぱく質は、血液や筋肉をつくるのに必要な栄養素。吸収率がいい良質なたんぱく質が、大豆を食べることで摂取できるのです。

女性に嬉しい大豆の栄養素と効果

イソフラボン

女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きがあり、ホルモンバランスの乱れを整えてくれます。

※エストロゲン…妊娠に備えて子宮内膜を厚くしたり、肌・髪質をよくしたり、 女性らしい丸みをおびたカラダをつくるための大切なホルモン。


大豆オリゴ糖

消化酵素に強く、腸に吸収されやすいので、ほかのオリゴ糖よりも少量で腸内の善玉菌(ビフィズス菌)を増殖させる効果があります。


大豆レシチン

血液中の余分なコレステロールや老廃物を排出する働きがあります。また、認知症予防にもつながると期待されています。


食物繊維

腸内環境を整えるほか、水に溶けない「不溶性食物繊維」のため、体内で水分を吸収することで満腹効果が期待できます。


大豆サポニン

カラダに余分な脂肪や糖分を外に出してくれる力があり、肥満予防に適しています。さらに、抗酸化作用も高く肌やカラダの老化予防にも効果的。

 
大豆の効果をおいしく取り入れよう!
運動しながら大豆たんぱく質を摂取

ソイプロテインの働き 運動後の筋肉を守り、回復を促進

たんぱく質は、筋肉づくりに欠かせない栄養素。
大豆たんぱく質(ソイプロテイン)は、動物性のホエイプロテインに比べて、筋肉を酸化ダメージから守る効果が高いという研究結果があるそうです。

【ポイント】
消化・吸収がホエイプロテインよりゆっくり。
だから、じっくりカラダに行き届き、筋肉の修復と成長を促すことができます。



効率よく筋肉をつくる 運動直後に大豆ペプチドを摂取することで、血液中の成長ホルモンが上昇

成長ホルモン濃度が高まる=筋肉をつくる効果が高まるで、効率的に筋肉の成長を促すことにつながります。



効率よく筋肉がつくれれば、代謝もアップ!
結果、痩せやすいカラダがつくれます!
Bodies厳選の大豆フード
 
 
さらに!効率よくたんぱく質を摂取するなら・・・
ダイエットプロテインがおすすめ!
 
たんぱく質を意識した食材をたくさん食べるより、良質なたんぱく質が簡単に摂取できます!
 

ダイエットプロテインに含まれているのは、大豆由来の「ソイプロテイン」と動物由来の「ホエイプロテイン」。上記で説明した大豆効果も含まれているほか、美味しいのに低カロリーで満腹感が得られる、ダイエット食として活用いただけます。


商品を詳しく見る!